大阪のレンタルオフィス

日本国内において、三大都市の一つに数えられ、首都・東京に次ぐ大都市として栄える西の大都会大阪。梅田の巨大なビル群や通天閣、大阪城、グリコの看板といった観光スポット、名産品、食べ物、とあらゆるジャンルにおいて日本を代表するものが多く集まっています。

また、大阪出身の有名人・著名人の数は数え切れませんよね。「日本国内における存在感」という視点では、総合的に見れば首都東京と並ぶ、まさにツートップです。

そんな大阪には、数多くの企業があり、古くから商人の町と呼ばれてきました。それは今でも変わる事がありません。間違いなく、日本のビジネス界を引っ張っている地の一つといえるでしょう。 そんな大阪でビジネスを展開する企業経営者・ビジネスオーナー、また、これから大阪や関西地方広域にわたってビジネスを展開することを考えている起業家・ビジネスオーナーにとって、大阪でのレンタルオフィス利用は大きな飛躍のきっかけとなることでしょう。大阪のレンタルオフィスは大阪市北区梅田のような都市部を中心に、ビジネス上立地条件の良い場所に集中して設けられています。

どんな場所にどんなレンタルオフィスがあるのかを知っておくことは、日本でビジネスを営む中小ビジネスオーナーであれば欠かせないことといえます。

レンタルオフィスを賢く活用することは、固定費の削減に大きく資するばかりではなく、日々の業務の効率化につながることもあるからです。

特にこれから大阪で創業を考えている起業家にとっては、大阪のレンタルオフィスを利用することは非常に重要な選択肢となります。

このブログでは、そもそもレンタルオフィスとは何なのかという基本的・初歩的なことから、役に立つ情報をご紹介していきます。





レンタルオフィスとは

レンタルオフィスとは、その名の通り、「オフィスをレンタル」できるサービスのことです。

オフィスデスク、チェアー、本棚、情報機器などを備えたオフィスをまるまる賃貸借することで、通常の事務所維持にかかるコストよりも安くでオフィスを用意することができます。

以上のような特徴から、創業したばかりの会社や起業家などからも人気の高いサービスで近年、非常に注目を集めています。

場所によっては、会社登記に使える住所の貸与や郵便物受け取り、電話応対サービスなどを提供するバーチャルオフィスと呼ばれるレンタルオフィスもあります。

まさにその名の通り、まるでそこにオフィスがあるかのように対外的に振舞うことができるサービスです。

固定費の削減だけでなく、業務の効率化がはかれ、さらに多種多様な業務支援サービスを利用できる「ビジネス総合支援サービス」のような形へと進化を遂げていっているのが、近年のレンタルオフィス界のトレンドです。





起業とレンタルオフィス

起業したばかりのビジネスオーナーや企業を考えているビジネスオーナーにとってレンタルオフィスという選択肢は非常に魅力的です。

多くのレンタルオフィス会社のホームページでは、起業家達のインタビューなどをのせている場合が多くあります。

レンタルオフィス利用がビジネス飛躍のきっかけとなった、というケースは非常に多いようなのです。

これは多くのビジネスオーナーや税理士、経営コンサルタントの間ではよく知られた話なのですが、創業当初、資金繰りがうまくいかずに潰れてしまう事業者・経営者の多くは初期コストやランニングコストを現状や身の丈に合わない形で設定してしまうということです。

初期コスト、ランニングコストとは、ほぼイコールで事務所・オフィスの準備費用・維持費と考えてもらってもいいのですが、ビジネスを起こす、会社を起こすというと、どうしてもきちんとしたオフィスや拠点を用意したくなるものです。

しかしながら、これにかかるランニングコストが後々自分の首を絞めてしまうことになり、廃業へと追い込まれるケースが多いのです。

会社が潰れる時というのは、利益を出せなかったときではなく、支払うべきものを支払えなくなったときです。

創業当初においては、赤字・黒字はそれほど大きな意味を持たず、大事なのは資金繰り、つまり、創業当初など駆け出しの頃は事務所経費などに代表されるような固定費をどれだけ抑えられるかがそこからの飛躍や成長のためのキーポイントとなっているのです。

このような点を踏まえれば、「レンタルオフィス」と「起業」という二つのキーワードの結びつきや関わり合いがより違った形で見えてくるのではないでしょうか。

出典:レンタルオフィス大阪.com~格安・個室・時間貸し一挙紹介!~



レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスを使ったことがない、レンタルオフィスについてよく知らない、という人は、ぜひ一度レンタルオフィスを提供している会社のホームページをご覧になってみてください。レンタルオフィスのすばらしさがよくわかるはずです。

まず何と言っても素晴らしい点はオフィスデスクやオフィスチェアといった業務に必要な物はあらかじめ用意されている点です。

ほとんどのレンタルオフィスでは、デスクやチェアなどは高級感のあるしっかりとしたものが用意されており、自前で揃えれば高額な費用がかかるところを非常にリーズナブルな値段で利用できるようになっています。

創業当初の小さな会社では、なかなか用意できないようなオフィスを非常に安価な価格で使用することができます。

一等地に安価で拠点を構えることができるというのも魅力ですよね。 また、レンタルオフィスは「ビジネスの拠点を提供する」というサービスであるため、そこで揃えられているデスクやチェアーなどは機能性に優れたものが用意されており、それらの配置等も良く考えられたものとなっています。

特に注目すべき点は応接室などのような、外部の人間と接する場、相手の心証に場の雰囲気が影響する場です。

当然、このような場所で行われるのは接待・接見の意味合いが強いものから自社の命運を握る重要な商談まで様々なものがあるでしょう。そのようなシーン・空間においては、ただただ机と椅子が用意された「話ができる場」があればいいというわけではありませんよね。社内の人間だけが利用する場とは違って、機能性に加えて外観の良さ、雰囲気なども重要なファクターとなります。

多くのレンタルオフィス会社では、外部の人間に見せても恥ずかしくない立派な応接室を用意しています。

 バーチャルオフィスと呼ばれるようなサービスを提供しているところでは、会社登記に使える住所の貸与、郵便物受取・転送サービスの提供、電話応対サービスの提供といった様々なサービスが用意されています(大阪のレンタルオフィスはサービスが充実しています)。「場」の提供という本来の目的を越えて、あらゆるビジネスシーンに役立つ多種多様なサービスをオプションとして用意しているところが急増しています。

以下、オプション的サービスの例をざっと列挙します。

・法人登記代行 ・ホームページ作成 ・電話秘書サービス ・来客対応 ・会議室利用 ・名刺・ロゴ制作 ・FAX転送 etc



レンタルオフィスのデメリット

メリットだらけに見えるレンタルオフィスにもデメリットはあります。

まず、法人銀行口座の開設が困難という点です。

これは非常に大きなデメリットです。

さらに、これと関連することといえるのですが、創業融資を受けづらいという問題もあります。

これらの背景にあって共通しているのは、バーチャルオフィス・レンタルオフィスを利用している会社は、事業としての実態が無いとみなされやすいという点です。

その他、大きなデメリットとしては許認可を受けることが必須である事業において、許認可を取得できない可能性があるということです。

事業そのものを行えないということになっていまうので、これも非常に大きなデメリットです。

レンタルオフィス側は、このような点を十分に把握していることと思われるので、不明な点は問い合わせるのがいいでしょう。